アクアの燃費

トヨタアクアの実燃費はどれくらいなのか?※プリウスと比べてどうか?

投稿日:

トヨタアクアの実燃費ですがいくらくらいなのかと言えばこれは以下のとおりです。

22~23km/L程度です。

カタログ燃費では30km/Lなのでそんなに良くないと思われる方も多いようですね。

しかしハイブリッド車でもこんなものですね。期待感が大きすぎる人がいるのですがこのくらいが限界だと考えて間違いないです。

プリウスと比べてどうか?

次にプリウスと比較するとどうかということですが現行車の50系プリウス(4代目プリウス)で実燃費を出してみると、

22~24km/L程度です。(※4WD含む)

あれ?と思いましたか。そうなんです。アクアと現行車のプリウスは同じくらいの燃費性です。

当然ですがプリウスの方が車体が大きく、重いので通常はアクアの方が燃費が良さそうなのですが、ハイブリッドシステムが現行プリウスの方が新しいので実燃費にすると同等レベルになっています。

ですから燃費の良い方にしたい場合はどちらも同じレベルなのでどちらでも良いということになります。

アクアの方が車体価格が安いので総合的な経済性を考えるならアクアの方が安く済みます。

カタログ燃費が出ないからクレームになるケースも?

たまにカタログ燃費(37km/L)に程遠い実燃費なのでクレームになるケースがあるようです。

例えばあなたが実燃費が22km/Lしか出ないからディーラーにクレームを付けにいった場合どうなると思いますか?

これは「すみません」くらいの謝罪があればマシな方ですが具体的な補償がなされるということは絶対にありません。

そもそも実燃費にするとアクアは22~23km/L程度が標準的なんですね。ですからこのレベルでクレームを付けられて補償をしてしまったら全国のアクアユーザーに対して同様のことをしないといけなくなります。ですからクレームを付けるのは自由ですが何らかの見返りを期待したとしても全く相手にされません。

「もう二度とトヨタから買わねえぞ!」と言ったとしても日本で最もトヨタが売れているのでやっぱりそういう言い方をしたとしても効果はありません。つまり諦めるしかないということになります。

ですからネットなどで事前に実燃費を調べて知っておくことは非常に大事だと思います。

どれくらいならクレームになるのか?

具体的にどのくらいのレベルならクレームになるのかと言えば10km/L前後だと流石にどこかおかしいレベルなのでクレームを入れても良いのかなと思います。

アクアを新車で購入していきなり実燃費が10km/L前後だと明らかにおかしいです。

普通は20km/L以上出るので故障してる可能性はあるでしょう。

つまり「故障してるんじゃないのか?」という疑いがあるレベルだったらクレームになる可能性があるのですがそうでもない場合はクレームを付けても駄目でしょう。

やっぱり空気感ですね。10km/Lしか実燃費が出ていないとなるとディーラー側としても「変だな…」と絶対に思うので放置できません。ほぼ調べられるということになるでしょう。ただこれが18km/Lくらいだったらままあるでしょうからどうかなと思いますね。

走り方でも違うと言うが余り気にしない方が…

よく言われることですが走り方で燃費が変わってくるということがあります。

結局なるべくモーターで動いている時間を多くすると燃費が良くなるんですねトヨタのハイブリッドの場合は。

できるだけエンジンで走る時間を少なくすると燃費が良くなるということが言えます。ガソリン消費量が少なくなるので。

ただ余りにも燃費を気にしすぎると妙な運転になってしまいがちなので優先すべきは安全運転です。燃費優先の走りをしている人がいますがノロノロ運転をしたりアクセルを初動で踏み込んで急加速したりといろいろやってるわけです。はたから見ると迷惑行為でハイブリッド車は運転が荒いとか言われる原因になっています。

燃費ばかりを気にしても大した燃費にもならないのが実情ですので頑張りどころが間違っているでしょう。ハイブリッド車は普通に走っていても普通のガソリン車より燃費が良いのが利点なのでそんなに気にする必要性はないと思いますね。

過走行の人ほどハイブリッド車は得をしますので余り走らないという人はハイブリッド車は要らないのではないかとも思います。とにかく具体的な数字で考えてハイブリッドが必要かどうかを考えることが重要でしょう。

-アクアの燃費

Copyright© トヨタアクアのことが分かるサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.